軟骨のすり減りが原因の膝の痛みにプロテオグリカンがおすすめの理由は?


膝の痛みに効く成分としては、グルコサミンやヒアルロン酸、コンドロイチンが有名です。
これらのサプリメントを飲んでいる人も多いことでしょう。
それらの方が安価で入手しやすいのですが、効果が実感できないという人は、プロテオグリカンを摂取してみるのもひとつの方法です。
プロテオグリカンは、グルコサミンやヒアルロン酸、コンドロイチンを内包しているため、それらを総合的に摂取できますし、より保湿力があるため軟骨をケアできる力も高いと期待されています。
プロテオグリカンは、もともと細胞と細胞の間や真皮、そして軟骨にたくさん含まれています。
保水力がたいへん高く、軟骨が膝の骨を守ることができているのも、プロテオグリカンのおかげです。
これが少なくなると、軟骨がすり減って膝の痛みが出ることになります。

ヒアルロン酸より高い保水力


軟骨がその機能を果たすには、水分がしっかりと含まれていることが大事なポイント。
プロテオグリカンの保水力はヒアルロン酸よりも高いので、常に十分な量を保っておきたいところです。
それがかなわなくなると軟骨はすり減り、膝の痛みが出るため歩くのに支障が出るようになります。

 

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸よりも効果が高いので、もっと普及していても良さそうなものですがそうならなかったのは、たいへん入手しにくい成分で、高価だったからです。
最近は、以前より入手しやすくなってきたため、サプリメントとして比較的広く販売されるようになっています。
グルコサミンやヒアルロン酸、コンドロイチンで効果が得られなかった人は、試してみてもいいかもしれません。それらよりも、効果が高い成分です。

 

若返りの効果まである


プロテオグリカンには肌の細胞を増殖させたり、成長を促したりする効果も期待できます。
加齢によって、こうした新陳代謝力は衰えていきますから、ありがたい成分と言えますね。
膝のすり減りも防げるし、若返りも図れるというわけです。
ヒアルロン酸も、膝のために服用する人と、肌の若返りのために服用する人がいます。
ヒアルロン酸よりも効果がある成分ですから、その両方に高い効果が期待できます。

薬ではなく、サプリメントなので即効性はない

ただ、薬ではなく、サプリメントであるため、飲んだ翌日に変化が出るというわけにはいきません
効果が出るには、ある程度の期間を要します。ただ、鮭の頭部などから取り出した成分ですから、薬のような強い副作用が出る可能性は低いと考えられます。安心して継続摂取し、効果を得たいものです。
プロテオグリカンの形が崩れていないプロテオグリカンサプリメントを選ぶ場合は「北国の恵み」がおすすめです。