プロテオグリカンの1日の摂取量の目安は?多めに摂っても大丈夫なの?


ヒアルロン酸の保水力よりも優秀で体内の水分量を大きく増やす作用を持っているプロテオグリカンは、ひざやひじなどの関節が痛い人ならサプリメントとして摂るのが効率的でおすすめです。
食事から摂る場合だと、含有量や吸収率などの理由から過剰摂取にはなりにくいですが、サプリメントだと過剰摂取になる可能性はあるので、サプリに記載されている一日の目安量を超えないように気を付けましょう
サプリ選びでは、量よりも質や含有量のバランスの方が大切な要素なのです。

プロテオグリカンサプリ選ぶときにおさえておきたい6つのポイント


プロテオグリカンが入ったサプリを選ぶ際には、できるだけマイナスの要素を取り除いてプラスの要素を高めるためにも、いくつか気を付けたいポイントがあります。
できるだけ高品質のサプリメントを格安に購入して、長く継続したいですね。

プロテオグリカンが「非変性」で抽出されているもの

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコンドロイチン、グリコサミンなどの成分を含んでいる粒子が大きな物質です。
これをこのまま保持した状態でサプリとなっているものを非変性とよび、小さなサイズに変換されているものを変性と呼びます。
非変性の方がもともとの成分がそのままサプリの中に残されているので高い効果が期待できるので、サプリを選ぶ際にはできるだけ非変性のものを選びたいですね。

非変性のU型コラーゲンが配合されているもの

肘や膝の関節痛を解消してくれる有効成分には、プロテオグリカン以外にもコラーゲンなどの成分があります。
関節対策サプリの中には、プロテオグリカンに加えてコラーゲンが配合されているものもたくさんありますが、その中でも非変性のII型コラーゲンが配合されたものは高い効果が期待できます
非変性ではなく変性になってしまうと、コラーゲンが持つパフォーマンスが半減してしまうので、できるだけ非変性のII型コラーゲンが入ったサプリを選びましょう。

添加物が入っていないor入っていても必要最低限のもの

サプリメントは毎日続けて摂ることで大きな健康効果につながります。
だから、できるだけ添加物のように健康にマイナスの影響を与える成分は入っていないものを選びたいですね。
添加物が入っていない無添加タイプが理想的ですが、入っていたとしてもたっぷり入っているものではなくて必要最低限のものが必要最低限の量だけ入ったものを選ぶのが、上手なサプリ選びのポイントといえるでしょう。

他のサポート成分とのバランスが良いもの

肘や膝の関節痛対策のために開発されているサプリには、プロテオグリカンやコラーゲンのように、一つの有効成分だけでなく複数が配合されていて、お互いに相乗作用によって大きな効果が期待出来るというメカニズムのものがたくさんあります。
そのため、どんな成分が入っているかという点だけでなく、お互いの成分の相性が良かったり、バランスの良いものを選んだほうが、相乗効果によって大きな効果につながります。

天然の原料から抽出されているもの

サプリメントは毎日体に入れるものだから、できるだけ天然の原料にこだわりたいですよね。
化学成分や合成成分だと1粒のサプリから受ける影響は小さくても、毎日継続することによって長期的にはマイナスの成分が体内に蓄積されてしまうリスクが高くなってしまいます。
できるだけ天然の原料にこだわって作られたサプリの方が安心です。

安すぎるプロテオグリカンサプリメントは注意

プロテオグリカンは、グルコサミンやコンドロイチンなど従来の関節痛対策として使われていた成分をたっぷりと含んでいる優秀な成分です。
優秀な成分を出来るだけリーズナブルに入手したいのは誰もが思うことですが、他の商品と比べて安すぎるサプリには注意したほうが良いでしょう。
安すぎるものは、添加物とか合成物質などが入っているリスクは高いですし、製造過程における品質管理なども心配です。
>>北国の恵みの大損しない注文方法はこちら