膝の軟骨がすり減る原因は?サプリが痛みをやわらげてくれるのは嘘?本当?


加齢と共に階段の上り下りや下に落ちたものをとろうとした時など膝に痛みが走ることがあります。
膝が痛いとせっかく天気が良い日でも散歩に出かけるのも億劫になってしまい、どんどん運動不足になってしまう場合があり、体力の衰えにもつながってしまいます。
そこで膝の軟骨がすり減る原因やそれを補うために飲むと良いサプリのことなど、ご紹介していきましょう。
正しい知識を知っておくことで予防や対処することができるようになります。

加齢による基礎代謝の低下


膝の軟骨がすり減ってしまう原因にはいくつかありますが、まず1つ目には加齢によって若い頃より基礎代謝が低下してしまうことも一因としてあげることができます。

車のタイヤは使う年数が多ければ多いほどすり減って滑りやすくなりますが、人間の軟骨もそれと同じで、もともと狭い軟骨が歩く度に本来骨にかかる負担を受け止めているのですから、全体重がそこにかかってしまい、だんだんとすり減っていってしまうのです。

基礎代謝が低下すると・・・

基礎代謝が低下することで血流がだんだん悪くなり体重も増えやすくなってしまいます
するとますます膝の軟骨にかかる負担が大きくなってしまい、軟骨がすり減るスピードもぐんぐん上がってしまうというわけです。
ですから、加齢と共に低くなってしまいがちな基礎代謝を保つようにし、
体重が増加しないように、そして体力が落ちてしまわないように気をつけることが大事です。

基礎代謝が高い人は高齢になってもしっかりと自分の足で歩いていることが特徴としてわかっていますので、軟骨を守るためにも基礎代謝が高い状態をキープできるように工夫をしながら生活することも重要なことだといえるでしょう。

不規則な生活による肥満


軟骨は毎日体重を支えているため、その体重自体が重くなればなるほど負担も大きくなってしまいます。
毎日規則正しい生活を送っていれば太ってしまうということもあまりないですから、まずは自分に生活習慣を見つめ直してみる必要があるでしょう。

食生活には特に注意したい

特に食生活は重要で、毎日コンビニ弁当、スナック菓子、レトルト食品などの高カロリーなものばかりを食べていては太りやすくなってしまいますし、運動もしてなければカロリー消費もなかなかできないので脂肪ばかりついてしまいます。
さらに生活習慣病にもかかりやすくなるのです。
糖尿病や高血圧、高脂血症などは一度かかってしまうとずっと薬を飲んでつきあっていかなくてはいけなくなりますので、予防の意味でも生活習慣はきちんと整えておくほうがいいです。

不規則な生活は血行不良にもつながりさらに軟骨に負担をかけることになります。
摂取したカロリーより運動などで消費するエネルギーのほうが低ければ太ってしまうわけなので、食べる量は腹八分目まで、適度に運動をすることを心がけるようにしましょう。
激しいスポーツじゃなくても散歩程度でも良いのです。
毎日なるべく体を動かすようにしたほうがいいです。

怪我や過度な労働・スポーツなどの外的要因


普段から適度に運動をしている人であれば別ですが、いつもは運動をしていないのにいきなり激しい運動などをすると膝への負担はかなり大きくかかってしまいます。

労働に関しても同じです。
また怪我や事故などによって軟骨がすり減ってしまうこともありますので気をつけましょう。
何か心当たりがある場合はまず病院で診察を受けて、
原因がなんなのかということをはっきりさせておくほうが良いです。

膝に大きな負担がかかっているのに筋肉をつけようと無理をしてしまえば軟骨がすり減ってしまうだけではすまなくなる可能性もあります。

スポーツを始めるなら無理のない範囲から

スポーツを始めるにしても最初は無理のない範囲から体を慣らしていくのがベストです。
事故や怪我をしてしまった時もそのまま自然治癒するのを待つのではなく、体に異常がないかどうかというのをまず診てもらっておくほうが安心です。

長い目でみれば高齢になって体力が落ちた時に症状が出てくることもありますので、そうならないように用心には用心を重ねておくほうが良いです。
体の調子がなんだかおかしいなと感じたら、すぐにでも病院で検査をしてもらったほうが早期発見で治療をすることができます。

軟骨がすり減るのをサプリで予防できる?


栄養が補いきれない時によく利用されるものにサプリメントがあります。
サプリメントは錠剤やカプセルなどどこにでも持ち歩け、しかもしっかりと足りない栄養を摂取できることから気軽に飲む人が増えています。
もちろん軟骨のすり減りを防ぐために健康な軟骨作りをサポートするサプリメントも存在しています。

プロテオグリカン・グルコサミン・コンドロイチン

例えばプロテオグリカンやグルコサミン、コンドロイチンなどは有名なのでご存知の方もいるのではないでしょうか。プロテオグリカンはコンドロイチンなどと共に膝の関節のクッション材として役立ちますし、グルコサミンはもともと体内にあるもので軟骨を形成するために重要な役割を果たしています。

成分単体よりも相乗効果を狙おう

この3つの成分は同時に摂取することによって相乗効果を期待することができるため、できれば3つが入っているサプリメントを飲むようにするのがおすすめです。
どんなサプリメントを選べばよいのか迷ったら、まずは成分表をチェックしてこの3つが配合されていることを確認してみるといいでしょう。
食事で補おうと思っても必要な量を完全に摂取することは難しいので、毎日サプリを摂取して足りない分を補うようにすれば予防にもなります。

サプリは毎日継続することが大事


時々サプリを飲んでるのにちっとも効果が出ない、これはだめだと言っている方がいますが、実はそれは即効性を重視しているから感じることなのです。
薬は治療を目的としていますので即効性を求められますが、
足りない成分を補うということは体の内側から体質を変えていくということになります。

サプリ=薬ではない

つまり、薬のように即効性を求めること自体に無理があるのです。
体の内側から変えていこうと思っているならば少なくとも数ヶ月は様子を見るのが良いです。
そのためには毎日欠かさず飲み続けることが大事です。

効果を感じるまでの期間には個人差があり、3か月ほどで感じる方もいれば半年ほどで感じる方もいます。
全員が同じ体ではないのですから、それは当然です。

また同じ成分が入っているものでも成分の配合量が違う場合もありますので、いろいろと比べてみるのもいいです。
自分にあったものが見つかればそれを継続的に飲み続けるようにするといいです。
その体の変化を感じ始めた時、気持ちがぐんと明るくなりますのでそれを楽しみに継続しているという方もいます。

早く効果を感じたいからと目安の量以上を飲んでも意味がありません
逆に体調を壊すきっかけにもなるのでやめておきましょう。

まとめ

軟骨は体を動かすための要の部分です。
いつまでも大事にして元気な体を保てるように努力することが大事なのです。

正しい生活習慣を送ることは軟骨だけではなく、病気予防の面においてもとても大事なことです。
無理のない範囲で少しずつ実行してみると将来的に自分の体の状態が全然違うものになります。

スポーツが苦手な方でもストレッチをするだけでもいいですし、自転車に乗るのが好きな方であれば天気の良い日にサイクリングに出かけるのも楽しいでしょう。

そして食事と適度な運動でバランスをとりながら、足りない栄養分を摂取することで体全体のバランスが整い、健康的な軟骨作りに役立ちます。
元気な時にはあまり意識をしませんが、いざとなって歩くのが大変という状況に陥ってからでは遅いので、小さなことでもコツコツとをモットーに行動してみるのがいいです。

 

>>TOPページに戻る