女性に多い関節リウマチの症状


関節リウマチは関節の周りを覆っている滑膜と呼ばれる組織に継続的に炎症が生じる病気です。
自己免疫性疾患の一種としては症例数が多い病気と言われています。
後発年齢は30-50代で、女性に多く発症するのが特徴です。
手や足の指の小さな関節から炎症をきたすことが多く、炎症部位の不具合を自覚するのが初発症状とされています。
朝のこわばりを感じるという特徴的な症状があります。こわばりは体を動かすと解消されますが、放置すると炎症はますます進行し関節の変形や破壊に至ることもあります。
膝などの大関節に病変が及ぶと、歩行困難になる恐れもあります。

リウマチが炎症を起こすメカニズム


先ほど関節リウマチは自己免疫性疾患の一つと紹介しましたが、このメカニズムはどうなっているのでしょう。
免疫機能は本来細菌やウィルスなどの外敵が体内に侵入した時に、外敵や異物を排除することで体の調子が崩れないように作用しています。
リウマチではこの免疫機能が何らかの要因で暴走し、関節の滑膜部分に免疫細胞が集中して集まり、滑膜を異物として攻撃を始めることで炎症が発生している状態になっています。
この免疫系の異常が発生する原因は分かっていませんが、自己免疫機能の異常は関節以外の血管や肺に波及することもあります。稀に間質性肺炎などを併発し生命に危険が及ぶこともあります。

薬物療法が治療の基本


関節リウマチの治療方法は薬物療法を基本にして進めるのが基本です。
その際には2つの方向から治療方法のアプローチがなされるのが通常です。
それは進行性に経過する関節の破壊を食い止めることと、関節の炎症により発生する痛みの緩和の2点です。
関節の破壊を抑制するためには、抗リウマチ薬を投与する方法がとられます。
自己免疫反応を抑制し、関節の破壊の阻止を目指す治療です。
炎症による痛みに対しては体内で生成される副腎皮質ホルモンを科学的に生成したステロイドホルモンは効果が高いですが副作用の問題から、非ステロイド系鎮痛薬と使い分けられることもあります。

患者自身で可能な基礎療法


薬物療法と同時に症状の緩和や、運動障害の防止のために、患者自身でも実践できる「基礎療法」も重要です。
関節リウマチは長期的に付き合わざるを得ない慢性病なので、まず正確を知識を身につけることから始めて下さい。
病気についての正確な知識を得ておけば、日常生活をする上で注意すべき事項に気付くころができ、病気の悪化を防ぐことも出来ます。
全身や患部の冷えは痛みの増悪に繋がります。
夏場でも空冷が効きすぎないよう重ね着などを用意しておくと良いでしょう。関節を動かさないとこわばりが強まり、機能障害を引き起こします。適度な運動で体をほぐす生活を心がけてください。

関節の破壊に有用なサプリはある?


関節リウマチは関節が障害される病気です。
薬物療法と併行して関節に有用なサプリを摂取することで、治療のサポートを検討するのは賢明と言えます。主治医の先生と相談しながらサプリを検討してみてください。
関節のサプリと言えば、グルコサミン成分が長らく有名でしたが、今日では軟骨成分をまるごと配合したサプリに注目が集まっています。
軟骨の成分とは、プロテオグリカンとヒアルロン酸、そしてコラーゲンの3つです。ちなみにグルコサミンはプロテオグリカンの一成分でしかないのです。
特にプロテオグリカンは軟骨のクッション成分そのものなので、関節リウマチには有用性が高い成分と言えます。

北国の恵みがリウマチに有用な理由

軟骨の主成分であるプロテオグリカンをそのままサプリメントにしたのが、北国の恵みです。
配合成分のプロテオグリカンは、北海道産の天然サケの鼻軟骨から抽出した材料をもとに生成されています。
プロテオグリカンは熱に弱く、加工方法によっては変形をきたして有用性を喪失する可能性があります。
重要なのは「非変性」、つまり形が壊れていない「極性」が維持されていることが重要なわけです。
極性のプロテオグリカンが配合されているから、素早い実感を期待することが可能になっています。リウマチでは進行に伴い関節の障害が進むため、軟骨成分を補給することは賢明な方法と言えます。

こだわりの「極生」成分の魅力

一般的に抽出時の加熱の過程で分子の変性が避けられません。
せっかくの有用な成分が豊富に含まれた原料を確保しても、その後の加工工程が杜撰であれば有用性は失われてしまいます。
変性を防ぐためには、熱を加えずじっくり時間をかけて丁寧に抽出することが必要です。
変性が発生していなければ有用成分をそのままダイレクトに摂取することが出来るので、素早い実感にもツンあがります。
北国の恵みが支持を集めるのは成分が優れているばかりではありません。厳重な品質管理の施された国内工場で生産しているので安全性も確かです。
関節リウマチにも有用な成分を凝縮しているので、1日3錠で済みます。

>>北国の恵みは注文方法を間違えると50%損します。を読む

まとめ

関節リウマチの治療方法の基本は薬物療法です。
他方で、関節リウマチの進行による関節の破壊等の緩和には、変性していないプロテオグリカンやコラーゲンを含む北国の恵みは、理想的な条件を充たしていると言えます。