最もメジャーな肘の痛み、テニス肘


肘の痛みには様々な原因がありますが、テニス肘は主に前腕部外側の筋肉起始部に起きた炎症による痛みです。
筋肉の耐久性を超えた負荷をかけ続けることによって発症し、関節痛を引き起こします。
その名前に反して、テニスをしない人にも発症するところがユニークです。
日常生活の何気ない負荷で起こる一方、稀に悪い姿勢でパソコンに向かい続け、タイピングをしていた場合でも発症する場合があるのです。
対策としては炎症を抑えるために筋肉を休ませたり、筋肉の動きを補助するようなサポーターをつけることがありますが、大抵は原因の動きや悪い姿勢を矯正しなければ根本的な解決が見込めません

 

プロ野球選手も苦しむ野球肘


テニス肘と非常に似通っていますが、筋肉のみならず靭帯や骨まで炎症が広がり上手く腕が動かなくなるような痛みを野球肘ということがあります。
これは、長年にわたる間違ったフォームでの投球が原因であり、一球投げただけで発症することはあり得ません。
カーブなどの前腕を捻る変化球を投げることで発症しやすく、骨や筋肉が十分に発達していない10代での発症が多いです。
世界的にも有名なトミー・ジョン手術は炎症が人体に及んだ場合に、代わりの靭帯を別の個所から持ってくるという手術で、この症例の手術に使用されます。発症経緯が様々なので、治療法も様々です。

 

腕の内側が痛いゴルフ肘


テニス肘は腕の外側にある筋肉の起始部が痛む場合でしたが、ゴルフ肘と呼ばれる内側の筋肉起始部が痛くなる症例もあります。
テニス肘同様に前腕周囲の筋肉を酷使することによって発症する関節周囲の痛みというほうが正確で、ゴルフのインパクトの際にかかる衝撃がトリガーと言われています。
そのため、ほぼゴルフをする方に限局して発症します。
この類の関節痛は同じところを通る筋肉にまで炎症が広がってしまう恐れがあり、初めは痛くなかった動きでも炎症が広がって行くことによって痛むようになってしまうという問題があります。
酷使した筋肉の炎症を取ったり、思い切って休ませたりすることで症状は軽くなります。

 

関節リウマチでも肘は痛む

関節リウマチといえば、高齢女性に多く発症する自己免疫疾患であり、関節に自己の免疫が働いて常時炎症が起こってしまう疾患です。
ひどい場合は関節の形が変性し、上手く動かなくなるなどの機能障害が生じる場合があります。
現在これといった治療法もなく、対症療法的にあたるしかないのが現状ですが、早期に対処を始めればかなり予後は良くなると言われています。
肘に痛みが生じる前に指などのさらに末梢の関節に痛みや固縮、変形が生じるのが常ですが、稀に真っ先に膝や肘といった比較的大きな関節にも症状が現れることもありますので、おかしいと思ったら病院にかかることが大切です。

 

痛風でも肘が痛むことがある


痛風といえば尿酸の過剰により、末梢の組織に結晶化した尿酸が蓄積することが原因で炎症を生じ、痛みや機能障害を来たす疾患です。
通常、真っ先に結晶が蓄積するのは足の指など非常に末端の部分であると言われていますが、関節は血流が乏しく一度濃度が上昇すると簡単に尿酸の蓄積が起こってしまいます。
ですので、肘にも痛風の発作が起きてしまうことがあるのです。
対策は代謝され尿酸となるプリン体を多く含む魚卵やビールなどの摂取を避けること、尿酸の体外排出を促すことくらいしかなく、尿酸の処理機能は年齢とともに低下していくため注意が必要なのです。

 

筋肉が血流や神経を圧迫


前腕部は非常に多くの筋肉が密集している領域です。そのため、手や前腕は高度な動きが出来るのです。
この筋肉をコントロールする神経や、筋肉を栄養する血管は筋肉の壁の間を縫うように走行します。
しかも末梢に行くごとに神経や血管はやがて細くなり、圧迫された場合の影響をより強く受けるようになります。この筋肉によって神経や血管が圧迫されると、神経痛や虚血を生み、結果関節痛のように感じてしまう場合があります。
プロ野球選手の一部はこの血行障害や神経障害に苦しんでいる場合がありますが、生活習慣や生活環境によって一般の人の中にも血行障害は頻発しています。

 

変形性肘関節症は軟骨の痛み


肘や前腕は曲げたり捻ったりと、様々な方向に運動するため、関節周囲にはたくさんの関節、および軟骨が存在しており、運動の際骨どうしがこすれあわないようなクッションとして働いています。
変形性肘関節症ではこのクッションとなる軟骨がすり減って隣り合う骨と骨がこすれあい、運動時に痛みを生じます。
対策としては軟骨の構成成分を補給することが重要で、ヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの補給が効果的です。
北国の恵みは鮭の頭から抽出したままの非変性プロテオグリカンを高分子で含んでおり、これによって効果的に軟骨成分を補給し痛みを和らげることが出来ます。
>>北国の恵みは注文方法を間違えると50%損します。を読む

まとめ

プロテオグリカンと聞くと真っ先に膝の痛みに対して使用されるような気がしますが、北国の恵みは膝のみならず軟骨がすり減って痛む各関節に効きます。
なぜ肘が痛いのかを病院で明らかにして、それが関節なら摂取を検討をされるのがおすすめです。