プロテオグリカンの効果〜関節痛に『プロテオグリカン』はどう働く?


プロテオグリカンがなぜ関節痛みに良いのかというと、『軟骨を構成している成分』だからです。
肘やひざを動かすたびに痛くなってしまうのは、軟骨が摩耗してすり減ってくるからなのですが、レントゲンなどで骨の画像を確認すると、関節はわずかな隙間が空いていることが分かります。
この隙間に接している骨の一部が軟骨と呼ばれていて、関節液と共に骨に伝わる衝撃を和らげる働きをしています。
関節は普段の何気ない動作でも使用しているので、激しい運動をしていなくてもすり減ってしまいます。
特に座ったり歩いたりする時によく動かす膝は、体重がかかることもあって摩耗しやすい部分です。
こうして軟骨がすり減ってくると滑らかに動かせなくなるので、わずかな動きでも痛みを感じるようになってしまいます。

プロテオグリカンの関節に対する作用は?


関節にある軟骨はプロテオグリカンとコラーゲン、水分などで作られています。
関節に良い成分と評判のコンドロイチンはプロテオグリカンに含まれている成分で、この他にもヒアルロン酸やタンパク質などが含まれています。
この成分はとろみのあるネバネバした質感をしていて、関節周辺の水分をキープしたり弾力性を活かしてクッションの役割をしたりして、骨に伝わる衝撃を和らげる作用があります。
もともと体内に存在している成分ですが、生活環境や体重の変化などによって軟骨の摩耗が激しくなり、関節痛がひどくなってしまうことがあります。
特に体に必要な成分は年齢と共に失われやすいので、サプリメントなどで摂取して関節をサポートしていくのが理想的です。

プロテオグリカンで関節の動きをスムーズに


この成分にはヒアルロン酸とコラーゲンの生成を促す作用があるので、軟骨のクッション機能を高める効果が期待できます。
骨と骨のつなぎ目にある関節液はヒアルロン酸やタンパク質でできていて、関節液が満たされていれば動きがスムーズになります。
また軟骨には血管がなく自ら栄養を作ることができないので、関節液から必要な成分を吸収しています。
そのため関節液が足りなくなってしまうと軟骨が劣化してしまい、滑らかな動きができなくなってしまいます。ですから、プロテオグリカンが関節液や軟骨に必要な成分の生成を促すことは、関節の動きを良くするためにも大事な働きになります。

プロテオグリカンはサプリメントで摂取するのがおすすめ


年齢が高くなるほど関節の痛みを訴える方が多くなりますが、それは新陳代謝が衰えてしまって、関節の機能が全体的に低下してしまうためです。
体を動かすと関節が痛くなるからといって運動しなくなってしまうと、今度は筋肉が衰えてしまい、関節を支える力が弱くなってますます状態が悪くなるといったケースも少なくありません。
といっても痛みを我慢して運動を続けることは難しいので、サプリメントで関節に必要な成分を摂取しながら軽い運動から始めてみましょう。
散歩をすることも効果的ですが、関節を動かしにくいような場合は、椅子に座ったり寝転んだりしながら足を上げるだけでも良い運動になります。

北国の恵みで使われているプロテオグリカン

北国の恵みには、鮭の軟骨から抽出したプロテオグリカンが含まれています。
ほとんどのプロテオグリカンサプリメントでは形が崩れてしまっているプロテオグリカンが配合されているのですが、北国の恵みは形が崩れていない非変性のプロテオグリカンを使って吸収率を高めています。
今までサプリメントを試してみたけどダメだった!という人こそ試して欲しい実力派サプリメントです。

>>北国の恵みは注文方法を間違えると50%損しちゃうを読む

まとめ

関節の動きを滑らかにする作用がある、プロテオグリカン。
立ったり座ったりする動作が辛くなってきた時や、キビキビと動けなくなってきたと感じた時に摂取したい成分です。関節のためのサプリメントは1日に飲む量が多い物もありますが、北国の恵みは非変性の吸収率が良いプロテオグリカンなのに加えて1日3粒で良いので飲みやすいのでおすすめです。