ヒアルロン酸の効果〜関節痛に『ヒアルロン酸』はどう働くの?


ヒアルロン酸は皮膚や軟骨などの構成成分であり、細胞と細胞を結びつける「結合組織」でもあります。
また、保湿性が高く、肌にハリや弾力を与えるような美肌効果があるので、化粧品にも多く使用されています。
この成分は関節痛にも良く効くと言われ、痛みを緩和したり、関節を動かしやすくします。
そして、病院で関節痛の治療を行う場合に、関節にこの成分を直接注射する方法が長い間行われてきています。
ヒアルロン酸は加齢と共に減少するので、特に中高年で関節痛に悩んでいる人の場合は、このような形で補充するとこの成分が持っている関節を動きやすくする効果を上げることができるでしょう。

例えば変形性膝関節症


関節痛の中でも特に多いのが変形性膝関節痛で、これは加齢の他に過度の運動や肥満、外傷などが原因となって起こるもので、関節に負担がかかり、その結果膝の関節の軟骨に痛みが生じて骨も変形してしまうことになります。
この病気では、歩き始めたり、立ち上がったりしたときに膝が痛んだり、階段の上り下りが辛くなったり、膝に水が溜まって腫れる、などの症状が出ます。

変形性膝関節症の対策は?

この病気の対策としては膝に負担のかからない生活をするようにしたり、筋肉を鍛えて膝を安定させるような理学療法を行ったり、ヒアルロン酸を使った薬物療法を行うことなどがあります。
特にヒアルロン酸の場合は、関節の潤滑油的な役割を持つと同時に衝撃を吸収する作用もあるので、これを注入すると効果が期待できます。

「北国の恵み」サプリがおすすめです

関節の痛みや炎症などに効くサプリとして「北国の恵み」が挙げられます。
北国の恵みの大きな特徴としては、軟骨成分をそのまま配合しているということです。
軟骨成分では、水分を除くとその90%はプロテオグリカンとU型コラーゲンであり、関節の痛みに効果があることで有名なグルコサミンは、プロテオグリカンに含まれる成分の1つです。
なお、軟骨成分では、プロテオグリカンとU型コラーゲン以外の成分としてはヒアルロン酸が約5%ほど含まれています。
このように「北国の恵み」では、グルコサミンとは異なり、軟骨そのものを構成する主成分で構成されているので、これを摂ることで関節の痛みをとり、動きやすくする効果が期待できます。

 

北国の恵みのプロテオグリカンの特徴について


「北国の恵み」に含まれるプロテオグリカンは、軟骨の構成成分の約15%を占めており、このサプリでは北海道産のサケの鼻軟骨から抽出しています。
この成分の特徴としては、保水性が高いと言うことや水をクッション材にして、軟骨にかかる衝撃を吸収するということが挙げられます。
そして、「北国の恵み」では、プロテオグリカンを形を壊さずに極生で配合しているため、これを飲めば、素早い実感を期待することができます。
さらに「北国の恵み」は1日に3錠を飲むだけで、関節の痛みの緩和に必要な成分を効率的に摂ることができるので、その点でも関節のことで悩んでいる人にお勧めできます。

関節が痛む場合の注意点


以上のように「北国の恵み」は効果が期待できるサプリと言うことができますが、ヒアルロン酸に関してはサプリもありますが、注射での使用が広く行われており、今後もこの成分の注入が関節の痛みの治療として続いていくことが予想されます。
また、関節が痛む場合に注意すべきことは、治療を行っている場合でも、日常生活で膝の負担にならないような方法を考えるようにするということです。
例えば、歩くときに杖を使ったり、肥満を防ぐ食生活を考えたりすると、より効果が上がりやすくなるでしょう。
また、関節が痛いときはリウマチなどの病気が原因の場合もあるので、まず病院で原因を調べてもらうことをお勧めします。

 

まとめ

ヒアルロン酸は関節の潤滑油的な作用を持ち、衝撃を吸収する働きもあるので、関節の痛みに効果があると考えられます。
また、関節の痛みに関しては、軟骨成分をそのまま配合している「北国の恵み」を摂るのも効果的と言えます。