グルコサミンの効果〜関節の痛みに対する『グルコサミン』の働きは?


独特なCMでその名前を知ったという人も多い「グルコサミン」。
関節痛に効果を発揮してくれるイメージがありますよね。
グルコサミンは元々体内で合成される成分なのですが、加齢と共に減少してしまいます。生まれた時がピークとまで言われているのです。
では、グルコサミンがなぜ関節に効果があるのかどのような作用があるのかご存知でしょうか?
関節に対するグルコサミンの効果は2つに分けられています。
その効果は関節痛の痛みに対する改善と関節軟骨を強くし柔軟性を上げてくれる役割があります。
簡単に言えば、柔軟性を高めて痛みを緩和する働きが期待できるのです。膝が歩く度に痛いという人におすすめできる成分です。

 

関節痛を改善するメカニズム


グルコサミンには軟骨の摩擦を抑えてくれるクッションの役割があります。
しかし、加齢と共にそのクッションが減少し、痛みや変形性関節症を発症してしまうことがあるようです。
そのような状態を改善する為には積極的に摂取する必要があり、摂取することによって傷ついた軟骨を修復し、再生を促してくれるのです。
歩くことが当たり前な時にはわからないことですが、加齢と共に歩く度に膝が痛いと感じる人は多くなります。
その原因は軟骨が摩擦され神経に当たってしまうからなのです。
それを改善する為にはクッションを復活させてあげる必要があります。膝が痛くて歩くのが辛い人には改善効果が期待できるでしょう。

 

関節軟骨を強くし、柔軟性を高めましょう


関節の痛みだけを改善するのではなく、骨を作り出す軟骨芽細胞を刺激する作用もあります。
細胞を活性化させることによって、軟骨の生成を促してくれる為、関節がスムーズに動くようになるでしょう。
また、軟骨部分でクッションの役割をしているプロテオグリカンを生成してくれる材料になり、柔軟性を高めてくれます。
この2つの作用によって間接軟骨を強くし、クッション性に優れスムーズな動作に対応できるようになるのです。歩く度すり減ってしまう軟骨を強くすることもできる上に、クッションを弾力のある状態へと導いてくれる効果が期待できます。歩くのが辛いという人はぜひ取り入れていきましょう。

 

食事から摂取する方法


グルコサミンを摂取する為には食事にも気を遣う必要があります。
多く含まれていると言われているのが、カニやエビなどの甲殻類の殻。
また、クッションの役割をしているプロテオグリカンとして、牛肉や豚肉、鶏の軟骨、干しエビ、きのこ類、おくらなどに多く含まれています。
食事から摂取するとなると大量にこれらの食材を食べなくてはいけない為、現実的にはかなり無理があります。その為、サプリメントで補うのがおすすめです。
食事に気を使いつつ、サプリメントで補ってあげることが重要です。

 

「北国の恵み」で簡単に摂取

サプリメントでおすすめなのが「北国の恵み」です。
グルコサミンだけでも効果は感じられるものの、もっと作用の強いものを摂取したい人におすすめです。
「北国の恵み」は国産であり、1度の服用の粒数も3粒でOK。
壊れていないプロテオグリカンが配合されている為、効果をそのまま体内に取り入れることができます。
またコラーゲンもそのまま摂取することができる為、正座をするのが辛いと感じている人や階段の上り下りが辛いと感じている人にはおすすめのサプリです。
北国の恵みを使用している人の91%がまたリピートしたいと感じている評価の高いサプリメントなので、どのサプリメントを選べばよいかわからない人には「北国の恵み」をおすすめします。

 

まとめ

関節が痛いのは加齢のせいだからと諦めている人もいるかもしれませんが、有効な成分をしっかり摂取することで改善が期待できます。
「北国の恵み」は効率良く体内に取り込むことができますので、サプリでの摂取を検討してみてはいかがでしょうか?